札幌市青年赤十字奉仕団(札幌青奉)のブログです。
ボランティア活動報告や告知、日々の様子などをお伝えしていきます。

HP:http://sappororcy.web.fc2.com
Mail:sappororcy☆gmail.com(☆→@に変えて下さい)
twitter:@sapporo_seihou facebook:札幌市青年赤十字奉仕団

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

H25年度 北海道青年赤十字奉仕団 協議会総会・研修会


お久しぶりです、久保です。
さてさて、3月も終わりに近づいてまいりましたが、今回は3月8~9日にかけて行われた
「北海道青年赤十字奉仕団 協議会総会・研修会」について報告したいと思います。

青年赤十字奉仕団の協議会総会って何をやるの?というと、全道に点在している青年・学生奉仕団が各々やってきた活動について、お互いに報告しあったり、北海道全体を通した今後の活動を見据えてみたりと、色々やります。
北海道自体とてつもなく広いので、北海道の青奉・学奉が集まる機会というのが中々無いんですよね。
そういった意味ではこの協議会総会は、生きた情報交換の場として重要だったりします。




それ以外にも、折角集まったことですので(どちらかというとコチラのほうが重要だけど)、全体での研修会も毎年行っています。

最近の研修会のテーマは「防災」について、特に今回は「自助」について行いました。
ロールプレイングを用いて、その役や状況に必要な持ち出し品は何かを考えたり、はたまた実際避難する際に、どのような行動を起こすかなどなど。



実際に体験してみなければ、どのような行動を起こせばいいのか、即座の判断が難しいですよね。
今回の研修会では、それらを知り、身に付けることを目的としてみました。



救急戦士バイスタンダー
いやね忘れてたわけじゃないんですよ。
一応構想は練ってたんです。一応は。
脚本だって釧路青奉の副委員長書いてくれて。


単に忙しくてそれどころじゃなかったんです。

ということでご無沙汰しています。一関@釧路青奉です。
ていうか私事ですが転勤しまして神奈川青奉に移籍することになりました。青奉の移籍というのも珍しいですが・・・・

ええ、やっとオープニングだけできました。

「救急戦士バイスタンダー」





映像自体は今までPVなどで使用した素材中心ですが、
ええ、音楽がまた特撮ちっくで

いいんでないの。

本編楽しみになっちゃった方、コメントいただければ前向きに検討いたします。
ひとつよしなに。

 
京都青奉の方がピア・エデュケーションを実施してくれたよ。


こんにちは、久保です。
先週の定例会の報告になりますが、なんと先週はいつもと一味違いました。




そう

京都青奉の浜田さんという方が!
わざわざ!!
札幌に来て!!!
HIV/AIDS ピアエデュケーションを実施して頂いたのです!!!!!



いやぁ〜遠路はるばる札幌にお越しいただきまして、誠にありがとうございます、ですよ、本当に。
どうしてわざわざ札幌まで来たんでしょうねぇ...(下衆顔




そもそも、「HIV/AIDS ピア・エデュケーション」とは?
最も身近な存在で同じような価値観をもつ同年代の仲間(ピア)が情報を提供し、一緒にエイズについて考える技法です。エデュケーションを通してエイズを身近な問題としてとらえ、正しい知識を広げ、「HIVは他人事ではない」「自分も大切、相手も大切」「ともに生きる」をテーマに、HIVに感染している人も感染していない人も、ともに安心して生きていける社会づくりの第一歩になっていくことを目指しています。
- 以上「公益社団法人 東京都看護協会 | 東京都エイズ・ピア・エデュケーション」より抜粋


札幌青奉では、中々男女入り混じってのピア・エデュケーションというものが出来なかったのですが、今年になって女の子たちが入ってくれたので、今回ピア・エデュケーションを実施するには中々環境が出来上がったのではないかと思います。
男子ばかりだと下世話な話しかしないからね、仕方ないね。





札幌青奉では、以前ピアリーダー養成講習に参加した委員長の伊藤さん、参加した柳沼さんが補助として入ってくれました。





ワークをしていて面白いなーと感じたのが、ピア・エデュケーション実施中のルールです。
2つしかないのですが、それが「パスする権利」「ノンジャッジメンタル」というもので、特に「パスする権利」というのは自分が他で参加した様々なワークの中では余り聞かないものでした。
なるほど、これもピア・エデュケーションを実施する上での手法なのだなと感心しました。





今回実施したピア・エデュケーションでは、「恋愛塾テスト」というHIV/AIDSや性感染症に関わる知識についての確認や、「あたまで話そうワーク ~今夜の二人編~」なるものを実施していました。

「あたまで話そうワーク ~今夜の二人編~」は、事前に議論をする際に「2人は付き合って半年で半同棲状態」というような環境を設定した上で、

「一方はSEXがしたい」
「一方はSEXがしたくない」

という立場に分かれ 、それぞれの主張を通すべく「コトバ」「キモチ」「タイド」を考え議論し、発表するというワークを実施しました。
面白そうでしょ?
実際、こういった話をする機会というのが中々無いし、そもそも進んで話す話題でもないので、自分としてはとても楽しかったです。





こちらは「したくない派」グループ。
なんで「したい派」がないかはお察し。



とても楽しかったですね。
京都から来てくれた浜田さん、ありがとうございました!
【メンバー紹介】 柳沼理子
 
北海道大学鵯年の柳沼理子です。医学部保健学科検査技術科学専攻という
長〜い名前の学科に所属しています。
札幌青奉に入ったきっかけは、「赤十字ってなんだかステキ!」と思ったから…だったはず。
不純ですね…でも入ってよかった。優しい先輩方と楽しく活動しています。

季節は冬が好きで、いまだに雪だるまを作ったりしてはしゃぎます。そして風邪を引きます。
皆さんどうぞよろしくお願いします!
【メンバー紹介】 南部綾花

北海道大学医学部保健学系1年の南部です。

青奉には部活動勧誘のビラの中にあった案内を見て何かボランティア活動をしてみたいと思い入りました。
青奉の他に北大系テニスサークルに所属しています。

趣味は漫画読むのが好きで、いろいろ読んでいます。ジャンプ系や青年系の漫画をよく読みます。週末は漫画やアニメを観て過ごします。カフェに行くのも好きで、大学や家周辺のカフェを開発中です。
最近はパンとコーヒーの組み合わせにハマって某フードコートでパン屋さんとコーヒー屋さんでテイクアウトして味わっています。おすすめなお店があったら教えてください。

自分でも楽しみながら人の役に立つ事ができればなと考えています。よろしくお願いします。